名東区 歯科 歯周病専門

HOME 東名歯科クリニック
歯周病専門 東名歯科クリニック
歯周病とは
薬で治す 歯周病治療
治療の流れ

診療案内
一般歯科・小児歯科
口腔外科・インプラント
矯正歯科
予防歯科
義歯
ホワイトニング

歯の情報
正しい歯磨きのしかた
患者様の喜びの声
よくあるご質問

東名歯科クリニックのご案内
院長挨拶・医院案内
院内紹介

インフォメーション
提携医療機関リンク集
お問い合わせフォーム

一般歯科・小児歯科
   一般歯科・小児歯科

審美歯科
当院では、オールセラミッククラウン ジルコニアを取り扱っております。最新技術であり、コンピューターで設計、機械が自動に削り出す、ジルコニアは、審美的にもきれいで、強度は強く、適合の良い素材です。又、金属を使わないクラウンのため、金属アレルギーの心配のない、歯肉に優しいクラウンです。詳しくは、ご相談ください。

当院は痛みの少ない治療を行なっています。
レーザー治療のメリット
●1回のレーザー治療は短時間で終わります。

●症状によっては少々の麻酔をかけて治療します。

●レーザー治療なら出血もほとんどなく、傷あとも残りにくいほか、
治りも早くなり、治療後の痛みもほとんどありません。

虫歯予防と治療
歯のミゾは複雑で深く入り組んでいるため、
そこにたまってしまった食べカスなどは
ハブラシだけでは取り除くのはむずかしいものです。

レーザーは、ハブラシが届かないところでも、
熱エネルギーで虫歯の原因となる虫歯キンをやっつけます。
しかも、レーザーによって歯が強くなり、
虫歯になりにくくなるほか、歯を強くするためのフッ素も
浸透しやすくなります。

虫歯の程度によってはレーザー治療のみで
虫歯の進行を止めたり、除去することもできます。
虫歯予防と治療

知覚過敏
知覚過敏 水を飲んだりハブラシをあてると歯がしみるといった
症状はありませんか?

その原因として知覚過敏が考えられます。

これは象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)が開いていて
神経が刺激されるからです。

こんなときレーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができて
孔(あな)をふさぎ、歯の神経を保護するので
痛みやしみることを防ぐことができます。

歯周病
歯周病 歯周病は歯グキから血が出たり口臭がひどくなったりして、
そのまま放っておくと歯が抜けてしまうことだってあります。

こんな時もレーザーは活躍します。

歯と歯グキの間のミゾにレーザーをあてて歯周病キンをやっつけます。
レーザーをあてることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り
ウミが自然に出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。

ブラッシング指導・歯石除去はかの歯周病治療と併行して
レーザー治療を行います。

歯ぐきの黒ずみ
メラニンという色素により、
歯グキが黒くなることがあります。

こんな時もレーザーはこの黒ずみを
きわめて短時間で除去します。

数日後にはもとのきれいなピンク色の
歯グキに生まれ変わります。
歯ぐきの黒ずみ

口内炎
お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、
レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。

入れ歯があたってできる
潰瘍(かいよう)にも効果があります。
口内炎

小児歯科
お子様の歯の治療には親御さんの協力が必要です。
お子様が歯を治療する際の心得をお教えいたします。

どうして歯医者に行くのか、お子さんにきちんと説明しましょう
歯医者に行く事が決まったら、そのことをお子さんに
知らせて心の準備をさせてあげて下さい。

むし歯になっている時はむし歯の恐ろしさと治療の必要性、
ママではむし歯を治してあげられないことなど、できるだけ
わかりやすい言葉できちんと説明してあげてください。

しっかりと説明してあげれば、
お子さんなりに理解してくれるものです。

こうした準備が、当日の治療をスムーズにする
助けになります。
どうして歯医者に行くのか、お子さんにきちんと説明しましょう
1. 日頃から歯科医院を脅し文句にしない
お子さんがわがままを言った時などに「歯医者さんに連れて行くよ」「先生に注射してもらうよ」
「歯医者さんに歯を抜いてもらうよ」などの脅し文句を使っていると、
歯科医院イコール怖い所という意識がすり込まれてしまい、
いざという時に困ることになります。
2. 「痛くないから」「絶対何もしないから」など気軽に言わない
だまして歯科医院に連れて行かない事が大切です。

お子さんを連れて行く前に、ママがこうしたことを言ってしまい、
結局治療をしなければいけなくなった時、
お子さんはだまされたという気持ちになります。
3. 不意打ちで歯医者に連れて行かない
お子さんが行きたがらないのを心配して、何の説明もないままに突然連れて行くと、
お子さんは心の準備ができていないので、必要以上に歯科医院を怖がるようになります。
〆

お子さんが嫌がっても毅然とした態度で連れて行きましょう
お子さんが嫌がっても毅然とした態度で連れて行きましょう どんなに説明しても、やはり当日になると
歯科医院へ行くのを嫌がるお子さんは多いものです。

そんな時はかわいそうだからといって、
治療を先延ばしにしないで、
必要なものは必要であるということを示すため、
毅然とした態度で連れて行きましょう。

また、ママの心配や緊張は、すぐにお子さんに伝染します。
歯科医院に着いたら、ママはあくまでもリラックスして、
歯の治療なんて全然平気だよという雰囲気で
ゆったりかまえていることが
お子さんの緊張を和らげるのにも役立ちます。
1. 当日はママがリラックスすること
歯科医院についたら、ママはあくまでもニコニコしてゆったりと構えること。
お子さんと一緒になって緊張していてはお子さんがさらに怖がることに。
2. かわいそうだからと途中で連れて帰らない
診療台に座るなり泣き出した時、かわいそうだと途中で連れて帰ると、
治療ができないばかりか、お子さんに嫌な事は泣けばすむという意識を与えることに。

できる限りチャレンジを!
3. 「痛くなかった?」は絶対禁句
治療後、お子さんについ、「痛くなかった?」と声をかけてしまう事があるが、
痛くなかった?は痛いと同じ意味。

治療中我慢できたのにこれで泣き出すこともあります。
4. 治療ができたら、きちんとほめる
我慢して治療が出来たら、泣きながら時間がかかった場合でも、すぐほめることが大切。

「頑張ったね」「すごいね」「ママびっくりしちゃったよ」など
お子さんの自意識に訴えかける言葉をかけてあげましょう。
〆

口腔外科・インプラントページへ

一般歯科・小児歯科ページのTOPへ

お問い合わせはこちら

東名歯科クリニック 〒465-0013
愛知県名古屋市名東区社口1-511 
TEL:052-760-0011

COPYRIGHT(C)2008 東名歯科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.