名東区 歯科 歯周病専門

HOME 東名歯科クリニック
歯周病専門 東名歯科クリニック
歯周病とは
薬で治す 歯周病治療
治療の流れ

診療案内
一般歯科・小児歯科
口腔外科・インプラント
矯正歯科
予防歯科
義歯
ホワイトニング

歯の情報
正しい歯磨きのしかた
患者様の喜びの声
よくあるご質問

東名歯科クリニックのご案内
院長挨拶・医院案内
院内紹介

インフォメーション
提携医療機関リンク集
お問い合わせフォーム

歯周病とは
   歯周病とは

歯を失う最大の原因は歯周病です!

歯周病とは
歯周病とは 成人の70%が歯周病といわれています。
(平成11年厚生労働省歯科疾患実態調査概要より推定)

歯周病は読んで字のごとく「歯の周りの病気」です。
歯を支える歯肉や歯槽骨の組織をじわじわと破壊する
歯周病は「静かな病気」といわれるほど
気がつきにくい病気です。

気がついたときには意外に進行しているケースが多く、
成人の歯の抜ける原因として
歯周病によるものが増えています。
歯周病になるとこんな症状が見られます
1.歯がムズがゆい感じがする。

2.歯と歯肉の接しているところが
赤く腫れる。

3.歯を磨いた時に
出血がみられる。

4.歯肉から膿が出る。

5.口臭が気になる。

6.唾液がネバネバする。

7.朝起きたときに
口の中が気持ち悪い。

8.食べ物がかみづらくなる。
歯周病の進行

歯周病は感染症です
口の中は細菌がいっぱいです。

歯磨きが正しく行われず、食べカスが
残っていると細菌はこれをエサに増殖し
プラークと呼ばれる菌塊をつくります。

このプラークが歯肉や歯を支える歯槽骨、
セメント質、歯根膜などに炎症を起こします。

この細菌因子に喫煙などの環境因子、
病気(糖尿病など)、噛み合わせなどが
からみあって悪化します。
歯周病の原因と状態

知らないうちに歯周病は進行していきます。
初期の段階であれば歯磨きでプラークを取り除き、歯科医師や歯科衛生士に
歯石を除去してもらうことで治っていきます。
しかし放置するとポケットはますます深くなり、歯を支える歯槽骨が溶け始め歯周病となります。
炎症が歯槽骨に達した段階でも痛みを感じないのがほとんどで、
気がつくと歯槽骨の破壊が進んで歯がグラグラということもあります。

知らないうちに歯周病は進行していきます。

早期発見・早期治療が決め手です!
まず、綿密な診察を行って病気の実態を調べ、原因を明確にした後、治療に移ります。
治療の内容は症状や進行の程度により決められますが、通常次のような治療が行われます。

1. プラークコントロール
(歯の周りに付着したプラークを取り除く)
2. 局所への薬物療法
(歯周病治療軟膏の塗布およびポケット内注入)
3. スケーリング、スケーリング・ルートプーレニング
(歯石の除去および病的歯根面の清掃)
4. 歯周ポケット掻爬
5. 歯周外科手術(重度の場合)
6. 保存不可能な歯は抜歯し、義歯などを入れる。

早期発見・早期治療が決め手です!

歯周病を放置すると全身に影響を及ぼします
最近になってプラークの病原性細菌は
口の中で悪さを働くばかりでなく、
増えてくると唾液や血液の中に入り込んで
あちこちに飛び火し、全身に深刻な影響を
およぼしかねないことがわかってきました。

高齢者に多い嚥下性肺炎、敗血症、心内膜炎、早産、
低体重児出産などとの関連性が指摘されています。
歯周病を放置すると全身に影響を及ぼします

日頃のケアで撃退しましょう。
◆毎日のブラッシング
毎日、きちんとブラッシングをして
丁寧に歯垢を取り除くことがたいせつです。

ただし、[磨いている]と[磨けている]は異なりますので、
歯科医にしっかりとしたブラッシング方法を学びましょう。

◆定期健診
歯垢を放っておくと、石のように固い歯石になります。
こうなるともう日常のブラッシングでは取れません。
少なくとも半年に一回は定期健診に行き、
歯石除去と歯の健康チェックをしてもらいましょう。

◆早めの診療
歯周病は、初期のうちなら完治することができますし、
かなり悪化しても、現在は治療法の進歩で、
適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、
抜かなくてもすむケースが多くなってきました。

少しでも自覚症状があったら、
痛みがなくても積極的に診察を受けましょう。
日頃のケアで撃退しましょう。

薬で治す 歯周病治療ページへ

歯周病とはページのTOPへ

お問い合わせはこちら

東名歯科クリニック 〒465-0013
愛知県名古屋市名東区社口1-511 
TEL:052-760-0011

COPYRIGHT(C)2008 東名歯科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.